かすみがうら市レジャー農園会:ぶどう園のご案内(ぶどう狩り・ぶどう産地直売):関東・茨城


かすみがうら市千代田地区(旧千代田町)とぶどう生産・ぶどう狩り(関東・茨城)

かすみがうら市千代田地区(旧千代田町)のぶどうは、昭和初期から旧千代田地区の農業・地域特産品の振興として生産が開始されました。 かすみがうら市の旧千代田地区は、西に筑波山、東に霞ヶ浦があり、平均気温が16度と温暖な気候でありながら、比較的寒暖の差も有り、関東ローム層の肥沃な土地においしいぶどうが育ちます。 また、年間降水量が1000oと少なく、果樹栽培に適した気候です。
ぶどうの生産が開始されたころは、ベリーAやデラウエアと言う品種を栽培していましたが、巨峰が開発されてからは、巨峰が主力品種として栽培されるようになりました。近年では、ぶどうの品種は3,000種以上とも言われる程多く、色も黒、赤、黄緑とまさに色とりどりです。最近では、皮ごと食べられて、とても甘いシャインマスカットが増えています。 ぶどうは、ガンや動脈硬化の予防に効果があるとされる、ポリフェノールが豊富に含まれています。
 また、そのポリフェノールに含まれるレスベラトロールという成分には、食物アレルギーの発症を抑えることが最近になって発表されました。
 当初は、販売用としての出荷がメインでしたが、今では首都圏からの1時間程度でこられるため、レジャー農園会のぶどう生産者はぶどう狩りの観光農園や直売をメインとして生産しているためもぎたての新鮮なぶどうをご賞味いただけます。
果物狩りに関しては全国的には珍しく、お客様自らもぎったぶどうを、その場で食べることが出来、食べ放題形式になっているのが特徴的です。ぶどう狩りの品種は主に巨峰になりますが、直売ではいろんな品種を販売しております。 ぶどう狩りは8月下旬〜10月上旬まで楽しめます。是非、かすみがうら市レジャー農園会の会員農園のぶどうをご賞味ください。


ぶどうの栄養成分と効能

ぶどうには、以下のような栄養成分と効果があります。

  • ブドウ糖・果糖: 体内での代謝の経過を経ずにそのままエネルギーになってくれるので、疲労回復効果が非常に大きい成分です。また、直接脳の栄養源になり、脳の働きを活発化させ、集中力を高める効果があります。

  • ポリフェノール: ぶどうの皮や種の部分に多く含まれ、ガンや動脈硬化の予防に効果があるといわれています。また、その中のアントシアニンは赤ブドウに多く含まれ、目の疲れや糖尿病による目の病気などの視力回復につながる重要な成分として注目されています。

  • レスベラトロール: ぶどうに含まれるポリフェノールの一種で、食物アレルギーの発症を抑える効果があることが2012年に発表されました。



かすみがうら市レジャー農園会の会員生産ぶどう品種と特徴

  • ブラックビート(8月中旬〜): 黒色のぶどうで、早めに収穫できる早生種です。あっさりとした甘さが特徴的で飽きの来ない味です。

  • ベニバラード(8月中旬〜): 紅色のぶどうで、さっぱりした甘さとプリプリとした食感が特徴です。

  • 巨峰(8月下旬〜) (9月中下旬): 正式な品種名は「石原センテニアル」といい1955年に開発された農学研究所から見える富士山にちなんで「巨峰」の名称で商標登録されました。甘味の他に酸味があり日本人好みの味といえます。ぶどうの栽培の約35%を占めており、一番多く栽培されている品種です。

  • 紅伊豆(8月下旬〜): 赤色のぶどうです。紅富士という品種の枝変わり(突然変異)で、紅富士より粒が大きく、早く収穫ができます。糖度が高く酸味が弱いので、強く刺すような甘さが特徴的です。

  • 安芸クイーン(8月下旬〜): 巨峰を親にもつ赤色の品種です。甘味が強く酸味が控えめで香りはいいのが特徴です。

  • 黄玉(8月下旬〜): 色は白黄色で、最大の特徴は、甘い香りと糖度の高さです。糖度23〜25度とぶどうの中ではトップクラスの糖度をもつ、とても甘い品種です。

  • ゴルビー(9月上旬〜): 赤色のぶどうです。名前はロシアのゴルバチョフ書記長の愛称で、赤く丸い大粒な外見から連想してつけたそうです。大粒の品種で、甘味強く酸味が少ないジューシーな品種です。

  • ロザリオロッソ(9月上中旬〜): 赤紫〜ピンク色のぶどうで、プリプリした食感があり、サッパリした甘さが特徴的です。

  • シナノスマイル(9月中旬〜): 赤色のぶどうで、真ん丸した粒が特徴的です。甘味と酸味のバランスがよく大粒の品種です。

  • ブッラクオリンピア(9月上中旬〜): 黒ぶどうの品種で、酸味が少なく甘さを強く感じさせるため「ハチミツぶどう」と呼ばれることもあります。

  • ピオーネ(9月中旬〜): 巨峰の血を受け継ぎ、色は濃い紫から紫黒色で粒が非常に大きく食べ応えのあるぶどうです。香りもよく強い甘さとそれを支える酸味をもち合わせた品種です。

  • ハニービーナス(9月上中旬〜): 黄緑色のぶどうで、甘味が強く香りのいい品種です。

  • マニュキアフィンガー(9月中旬〜): 赤色のぶどうで、なんといっても粒の形が特徴的です。名前のとおり、指のような楕円形で、女性の指にマニキュアを塗ったような外観から名前がつきました。あっさりとした甘さで皮ごと食べられる品種です。

  • シャインマスカット(9月中下旬〜): 緑黄色のぶどうで、皮ごと食べられる甘い品種です。酸味がなく強い甘さとマスカットのような香りが特徴的です。全国で一番注目されている品種といっても過言ではないほどの高級ぶどうです。



かすみがうら市レジャー農園会のぶどう狩り

かすみがうらレジャー市農園会のぶどう狩り・ぶどう産地直売の観光時期(8月中旬〜10月中旬)

会員農園によって、ぶどう狩り・産地直売の観光時期や生産品種が異なりますので各農園情報を確認の上ご来園ください。

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月


かすみがうら市レジャー農園会のぶどう狩り・ぶどう産地直売実施農園

  • さんろく果樹園 :ぶどう狩り・産地直売

  • ひたちの苑 :ぶどう産地直売

  • 古宇田農園 :ぶどう狩り・産地直売

  • 岡野果樹園 :ぶどう狩り・産地直売

  • 桜井ぶどう園 :ぶどう狩り・産地直売

  • ㋣鈴木観光果樹園 :ぶどう産地直売

  • 丸福果樹園 :ぶどう産地直売

  • ヤマ誠果樹園 :ぶどう産地直売

※ぶどう生産品種や施設内容等は各会員ページをご覧下さい。


かすみがうら市レジャー農園会及び各ぶどう農園へのお問合せ:関東圏・茨城県内からのご来園お待ちしております。

かすみがうら市レジャー農園会のぶどう狩り及び各農園へのお問合せは、以下をクリックしてください。
なお、各農園の電話でのお問合せは、本サイトの各農園のページをご覧ください。