茨城:かすみがうらのおすすめ観光案内:かすみがうら市レジャー農園会


アントキの猪木:かすみがうら市の観光大使

アントキの猪木:かすみがうら市の観光大使

お笑い芸人であるアントキの猪木さんは、かすみがうら市の観光大使です。



かすみがうらおすすめ観光案内1:民家園

江戸時代に建てられた母屋と板倉を寄贈を受けて移築したもので、茅葺き屋根に曲がり屋などが当時の民家の特徴をよく伝えています。

  • 所在地:かすみがうら市坂888-2
  • 電話:029-897-1111 (かすみがうら市観光商工課)
  • 開館時間:10:00〜15:00
  • 休館日:毎週月曜日(祝日の場合は開館、翌日の火曜日が休館になります。)、 12月28〜1月4日
  • 入館料:無料
かすみがうらおすすめ観光案内1:民家園


かすみがうらおすすめ観光案内2:かすみがうら市郷土資料館

かすみがうらおすすめ観光案内2:かすみがうら市郷土資料館

かすみがうら市の資料館です。歴史・民俗資料の展示や帆引き船関連の資料などが展示されています。4階には展望台があり、天気がいい日は富士山を見ることも出来ます。

  • 所在地:かすみがうら市坂1029
  • 電話:029-896-0017
  • 開館時間:9:00〜16:30
  • 休館日:毎週月曜日(祝日の場合は開館、翌日の火曜が休館になります。)、年末年始。


かすみがうらおすすめ観光案内3:歩崎森林公園

園内には、桜や杉、ヒノキなど多種類の花木が育ち、四季折々に美しい表情を見せます。また、自然の起伏を利用して造られたせせらぎ、池、散歩道など憩の場所がたくさん。子供たちには50メトールのローラー滑り台やアスレチックがあり、自然を家族連れで満喫できること間違いなしです。

  • 所在地:かすみがうら市坂地内
  • 電話:029-897-1111(かすみがうら市観光商工課)
かすみがうらおすすめ観光案内3:歩崎森林公園


かすみがうらおすすめ観光案内4:霞ヶ浦と帆引き船

かすみがうらおすすめ観光案内4:霞ヶ浦と帆引き船

霞ヶ浦の風物詩と知られ、映画などにも登場した。大きな帆を張るその優雅な姿が特徴的。現在は観光用に残るのみ。



かすみがうらおすすめ観光案内5:雪入ふれあいの里公園

かすみがうらおすすめ観光案内5:雪入ふれあいの里公園

筑波山塊の東側の山の地形を利用して造った公園。ネイチャーセンター、展望広場、鳥の池、花の池、風の池、芝生広場、観察舎などが整備されている。
ネイチャーセンターを中心に遊びながら自然とのふれあい体験、自然学習ができる。

○ハイキングコース
公園を起点に雪入山の自然を体験できる。
最長の10km(バス停起点では13km)、最短600m(片道)までさまざまなコースを用意されており、 四季折々の自然のなか、自然観察に森林浴に、軽トレッキングの練習にと、皆さんの目的に併せた楽しみ方ができる。 コースには、雪入ふれあいの里公園、三ツ石森林公園、県立中央青年の家の三つの施設のほか、民間の旅館(食堂)や自動販売機まである意外と贅沢なコースである。 公園には、コースの地図や案内が備えてある。
  • 所在地:かすみがうら市雪入452-1
  • 電話:0299-59-7000
  • 開館時間:9:00〜16:30
  • 閉園日:毎週月曜日
  • 入園料:無料
  • ホームページ:http://www.city.kasumigaura.ibaraki.jp/


かすみがうらおすすめ観光案内6:権現山と御野立所

かすみがうらおすすめ観光案内6:権現山と御野立所
権現山(ごんげんやま)は、茨城県かすみがうら市と同石岡市の境に位置する標高99.5mの山である。
西から雪入山、青木葉山、浅間山、閑居山、権現山の順に連なる筑波連山南東部の山の一つで、筑波連山が関東平野に溶け込む直前の山で、東麓には恋瀬川が流れる。
山頂には、志筑城に関連する中世の城郭跡が残されており、土塁や堀などを見ることが出来る。また、関東平野を望む山頂東南端は、1929年(昭和4年)の旧日本陸軍特別大演習の際に昭和天皇が統監した場所であるため、御野立所の碑が建ち、市の指定史跡となっている。